バリスタやカフェの学校を選ぶポイント【食の職に就く】

考える女性

甘い幸せを届ける

ファイルを見る人

人を幸せにできるお菓子やケーキを作りたいと考えている人に適しているのがパティシエです。パティシエは主にスイーツやデザートを作る職業なので、人を笑顔にすることができます。また、誕生日やお祝いにはケーキを食す習慣があるため、パティシエは非常に重宝されているのです。パティシエになるには専門学校で知識や技術を学ぶことが大切です。お菓子屋さんやケーキ屋さんによっては未経験でも修行させてくれるところもありますが、大手ケーキ屋さんやホテルなどではパティシエの免許を所有している人しか働けません。あらゆる場所で活躍できるパティシエを目指しているなら、専門学校に通いさまざまな知識や技術を身に付けましょう。ちなみに、パティシエの専門学校ではお菓子やデザート、スイーツの由来や歴史なども学べるので、よりスイーツへの理解を深めることができます。

パティシエの就職先は、主にケーキ屋さんです。社員として大手ケーキ屋さんに務めることもできますが、多くの人が自分の個人店を設立しています。また、専門学校に通えば、個人経営のノウハウや開業に伴う知識などを学ぶことができます。そのため、将来は自分のケーキ屋さんを開きたいと考えている人に専門学校が適しているのです。その他にも、ホテルのパティシエ、ウエディングケーキなどの特殊デザートを作るパティシエ、お菓子やスイーツの商品開発などさまざまな働き方があります。専門学校では進路先を紹介してくれるので、自分が希望する職種で活躍することができます。パティシエは一生ものの技術なので、定年後は家庭で子供や孫とのお菓子作りに活かすことも可能です。長く活かすことができる知識や技術を手に入れたい人は専門学校でパティシエを目指しましょう。